M-1グランプリ2022ラストイヤーまとめ

M-1 2022ラストイヤーの組をまとめてみました。

 

M-1グランプリ2021ラストイヤーまとめ

 

ラストイヤーの基準がわかりにくい

ラストイヤーの基準は曖昧でわかりにくいです。

wikiの情報は間違っていることが多いし、M-1の公式もしれっと結成年変わっていることがあります。

以前天竺鼠やハインリッヒや金属バットやハライチはしれっと公式の結成年変わっていました。

特にややこしいのが、養成所時代は含まないことになっています。

特に吉本とナベプロでそういう傾向が強いです。

なので、ここで挙げている中でも実は来年がラストイヤーの可能性もあります。

 

ミルクボーイ

2019年王者。100%でないでしょう。

ある意味出場したら優勝してしまうかもしれない。

 

マヂカルラブリー

2020年王者。ここも100%でないでしょう。

 

見取り図

2021年まさかの準決勝敗退。

ラストイヤーに優勝で華を飾りたい。

 

ランジャタイ

2021年初の決勝進出。

 

金属バット

4年連続準決勝進出。ラストイヤーで悲願の決勝進出したい。

 

モンスターエンジン

過去2回ファイナリストだが、2016以降準決勝進出なし。

 

号泣

たぶん2022がラストだと思われます。

1996年結成で2008年解散で12年活動したので、再結成で後3回出れる計算になります。

再結成の2020は準決勝進出、2021はまさかの2回戦敗退。

 

かもめんたる

2021年初めて漫才をして準々決勝進出。

 

 

アイロンヘッド

2017年準決勝で大爆発するもののそこから低迷中。

 

笑撃戦隊

過去3回準決勝進出経験あり。

2020は3回戦敗退。

 

尼神インター

2015年準決勝進出し準決勝東京で大健闘して予選12位だったものの、最近は3回戦落ち。

 

吉田たち

実は一度も準決勝進出経験なし。

 

阿佐ヶ谷姉妹

2021年久しぶりの参加で準々決勝進出。

 

井下好井

準々決勝進出6回経験あり。

 

パニーニ

2016と2017年で準々決勝進出。

予選の盛り上げ役ってイメージ。

 

ブルーリバー

準々決勝以上経験なし。

2020年は1回戦は通過したものの、ツッコミの青木さんが基礎疾患もあるということを考慮して欠場したようです。

 

ザ☆健康ボーイズ

なかやまきんに君とサバンナ八木のユニット。

2007年準決勝進出。2017、2018は2回戦敗退。

きんに君がYouTube活動で多忙になったことから、八木とオーディションで選ばれたレイザーラモンHGが「ネオ☆健康ボーイズ」として2021年はM-1出場。

 

関連記事

M-1グランプリ2021ラストイヤーまとめ

 

 

コメントを残す