M-1 2019準決勝 ディレイビューイングレポート

たくなみです。

今回映画館でライブビューイングを使って予選を見ました。

 

今回は何度もネタバレ禁止と言われていました。

私自身、何回かレポ書いていますが、うまいことネタバレ回避している自信あります。

私の見える範囲では、ネタバレについて言われているのは見たことないです。

今回も上手にネタバレ回避しながらレポします。

 

ディレイビューイングについて

椅子がふかふか

ぶっちゃけて言うと、劇場や予選の会場の椅子は固いです。

長時間座っているとお尻痛くなることもあります。

今回映画館だったので、ふかふかでした。

 

本当にノーカットだった

きわどいネタとか、著作権関係でカットあるのかもしれないかと思いましたが、本当にノーカットでした。

 

MCはカットでよかったかも

生で見ると、はりけ~んずさんの司会は本当に素晴らしいです。

必死に緊張しているお客さんに合わせて和らげようとしています。

ただ今回ディレイビューイングでは、所詮録画ですし、熱が伝わってきませんでした。

正直早くネタが見たかったので、特に前半のオープニングはカットで良かったかもしれないです。

会場と映画館の温度差

正直映画館は重かったです。

ポップコーンとか食べてカジュアルな感じではありましたが。

予選の会場だと拍手笑いしている方はちらほらいますが、映画館だと全くいませんでした。

あまり予選の会場では私はそんなに笑う方ではないのですが、映画館では笑っている方でした。

やっぱり生が一番です。

 

カメラのアングルに不満なし

漫才なので、調整とかも必要なかったのでしょう。

いい感じにズームとかしていました。

コントだときついかもしれないです。

 

決勝記者会見まで余裕が欲しい

上映終了から記者会見まで時間が30分なかったです。

しかもショッピングモールの映画館だと、21時過ぎていたので、いろいろ封鎖されて迷子になりました。

Wi-FI使える所まで移動する時間が欲しかったです。

金属バット(吉本興業)

90点:究極のチャーハン

やっぱりこのネタが今年の勝負ネタだったかって。

このネタ見るのは2回目です。

 

本当に凄い場数の舞台こなしてのもあって凄く上手くなっています。

つかみも最高でした。(川瀬名人の顔を思い出したw)

全然決勝行ってもおかしくないと思いましたが、そりゃあワイルドカードだし落ちますよね。

敗者復活見れないの残念です。

 

ダイタク(吉本興業)

82点:ドッペルゲンガー

決して悪いネタではないんですけどね。

なんていうか、理詰めのネタって爆発力に欠けるなって。

周り強すぎて埋もれた感あります。

 

あと、正直GYAOの吉田たちの方が面白かったです。

くらげ(吉本興業)

83点:女心

ネタは凄くよくできています。

ネタバレ込みでも、今日の中で埋もれたかなって。

今後またいいネタ作ることに期待です。

 

東京ホテイソン(グレープカンパニー)

85点:英語

東京ホテイソンは準決勝3回目ですし、完全にネタの作り方や構成がばれています。

1ボケ目大体めちゃくちゃ丁寧に振ります。

 

今回1ボケ目期待をかなり上回るボケができましたが、それ以降が…

あの後の展開はやっぱり難しいです。

せめて最初のボケが最後だったら、印象良かったかもしれません。

セルライトスパ(吉本興業)

83点:記者

相変わらずいいセンスしていますが、この中だと埋もれますね。

正直、GYAO見る限り、金属バットとたくろう上げた方が良かったかなって。

 

マヂカルラブリー(吉本興業)

87点:師匠

かなり力技で強引な笑いな取り方でしたw

正直決勝行ったと思いましたが、これ上沼さんにまた怒られそうですもんねw

 

すゑひろがりず(吉本興業)

85点:合コン

映画館ではそんなにでしたが、会場はウケてました。

このネタ何回も見たことあるので、恐らくテレビでもやっているし、過去の予選でも掛けているでしょう。

今回のネタが一番強いネタなんでしょう。

 

この芸風でインパクト残せるのは1回のみのチャンスだと思うので、しっかり爪跡残して欲しいです。

ラランド(アマチュア)

84点:公務員の飲み会

これが全てかな。

つかみも上手でした。

ただちょくちょく、現実的にどうなんだろうって思ったボケがあったのが気になりました。

 

錦鯉(SMA)

85点:街の治安を守りたい

こちらもつかみでしっかり掴みましたが、いまいち爆発しなかったかな。

設定はらしくて良かったと思いますが。

 

ロングコートダディ(吉本興業)

78点:お母さんの誕生日

かなり無風でした。

 

うーん。毎年ロコディは準々決勝結構ウケてても落ちていました。

やっと上げてもらえたのにこの結果だと、来年以降審査員から風当たり強くなりそうです。

キングオブコント準決勝は決勝期待できるような感じあっただけあってより残念です。

からし蓮根(吉本興業)

88点:教習所

今回文句なしの決勝進出ですが、優勝できるかって言うと微妙です。

霜降りと違って、からし蓮根はストーリー性がしっかりあるので、切り貼りしにくいから調整が難しいのでしょう。

決勝の順番次第で順位かなり変動する気がします。

 

他のネタも安定して面白いので、これきっかけでネタ番組にいっぱい呼ばれて欲しいです。

 

ニューヨーク(吉本興業)

84点:ラブソング

初めて見るネタなのに既視感が凄かったです。

これは元々コントを漫才に焼き直したっていうよりも、ボケとツッコミをはっきりさせて置き換えたって感じでした。

素材は同じだけど、組み立て方を変えたみたいな。

 

ある意味ニューヨークらしくて、キャッチーでわかりやすいネタだったと思います。

ただ決勝の年配の審査員に伝わるかなあ。

オンバトならオーバー500取れそうw

トム・ブラウン(ケイダッシュステージ)

87点:安めぐみ

絶対笑わずに見ようと思ったら、中盤吹いてしまいました。

笑いの量だけなら、文句なしで決勝進出ですが、去年とほぼ同じですからね。

決勝進出しても去年よりいい結果が出ることは目に見えないですからね。

でも、もう1回このネタ見たいですw

 

オズワルド(吉本興業)

85点:後輩

会場はウケているのよくわかりましたが、映画館はそんなにでした。

正直ちょっとウケ過ぎている感じはしました。

 

あと見た目もですけど、芸風もまんま、おぎやはぎそっくりですね。

ただ去年3回戦あんなに面白かったのに落とした審査員は反省して欲しいです。

カミナリ(グレープカンパニー)

85点:高校

1ボケ目は面白かったですが、それ以降があまり跳ねませんでした。

何度もM-1出ているし、ネタの作り方や構成もばれているので、伏線回収とかあざとく見えました。

 

四千頭身(ワタナベエンターテインメント)

83点:審判

準々決勝の評判はあまりよくなかったですが、思ったよりは良かったです。

3人であることを上手く利用していました。

 

ただ技術やキャラじゃなくて、台本の質や発想で笑わせるタイプなので、相当いいネタを作らないと厳しいかなと思いました。

インディアンス(吉本興業)

88点:おっさん女子

ほんといつもの楽しいインディアンスです。特別調子良かったわけではないです。

やっと決勝上がれました。

 

元々腕も技術もあり面白いです。

逆になぜ今まで決勝行けなかったのか…

 

ただ今回順番に恵まれました。

スローテンポの四千頭身の後だったので、テンポ速くてボケたくさん詰め込んでいるのでより際立ったのではないかと。

 

囲碁将棋(吉本興業)

84点:道案内

こんなことを小学生か中学生の時考えたことあった気がしますw

中々理詰めネタは演者の熱量とか演技力とかないと爆発は難しいです。

ミルクボーイ(吉本興業)

94点:朝飯

今日1でした。

掴みからしっかり良かったです。

凄い場数を踏んで、調整していたのが伝わりした。努力の結晶です。

 

3回戦と同じでしたが、ネタバレしてても面白いですし、何度でも笑えます。

 

このネタを6月頃見たとき今年ミルクボーイ熱いなって確信しました。

やはり来ました。

しかも、関連するもう1本強いネタがあるので、優勝も十分狙えます。

 

子供からお年寄りまで理解できる題材なのが強いです。

今年完全に優勝候補です。

とにかくトップバッター引かないことを祈ります。

 

ずっと10年くらいやっているスタイルでしたが、突き通すことの大切さを学びました。

 

かまいたち(吉本興業)

86点:自慢

うーん。面白いですけど、システムは去年のポイントカードと同じです。

 

理詰めネタはあまり爆発しないですが、さすがキングオブコント王者としての演技力っていうか熱演があるのでしっかり爆発します。

 

正直去年のポイントカードや、一昨年の怖い話の方が完成度は高かったです。

ただ今回の方がシステムが、ややわかりやすくなったので、意外と跳ねるかもしれません。

 

あと今までは決勝で順番に恵まれてない部分が大きかったですからね。

笑神籤で何番引くか次第です。

ぺこぱ(サンミュージックプロダクション)

92点:タクシー

文句なしの決勝進出で素晴らしかったです。

 

ただ何個かこじつけ感あったのが気になりました。

個人的には3回戦の方が面白かったです。

 

おもしろ荘で優勝しても跳ねなかった分、テレビで消費されなかったのがいい方向に働きました。

ここでしっかりチャンス掴んで売れて欲しいです。

 

ミキ(吉本興業)

84点:誕生日プレゼント

置きに行ってる印象でした。

うーん。題材からして最初「これ大丈夫か?」ってなりました。

とにかく冒険がなかったです。

せっかく腕はあるのになあって。

アインシュタイン(吉本興業)

86点:結婚

しゃべくり中心で、少し冒険してました。

決勝行くと思いましたが、ちょっと笑いの量足りなかったのかなあって。

今年こそ本当にチャンスだったのに。

 

天竺鼠(吉本興業)

86点:病院

相変わらずの超大冒険www

 

決勝で見たかったなあ。

敗者復活でも十分楽しみです。

 

いい感じに無茶苦茶やってて良かったです。

今年でラストイヤーなので、もう漫才見れないと思ったら寂しいです。

 

見取り図(吉本興業)

85点:褒め合い

個人的には全然ハマらなかったです。

ただ笑いの量は十分に取ってたし、去年とスタイル変えたから決勝進出できたのでしょう。

和牛(吉本興業)

85点:料理人の癖

誰もがネタ終了後「やばくね?」って思ったはずです。

終演後、私も真っ先にこのツイートしました。

後半何かあるのかなって思ったら、「もうええわ」言っていました。

 

ぶっちゃけこの年よりもいまいちなできで上がった年あったので、上がると思いました。

2017の準決勝のメンズエステのネタはAmazonで音声だけ聞けたのですが、見つからないのでたぶん消えています。

 

しかも冒険して滑っただけじゃなくて、割と置きに行っていまいちでした。

 

準々決勝ちゃんとウケてたようなので、準々決勝のネタやって欲しかったです。

敗者復活は準々決勝のネタやるでしょう。

関連記事

M-1 2019準々決勝GYAOを見て、評判良かった落選組を分析

M-1 2019の準々決勝の結果から、大阪の客笑い過ぎ!?

 

M-1グランプリ2019 不参加一覧

M-1グランプリ2019ラストイヤーまとめ

M-1グランプリ2020ラストイヤーまとめ

 

1 COMMENT

コメントを残す