M-1グランプリ2019ラストイヤーまとめ

M-1 2019ラストイヤーの組をまとめてみました。

 

かまいたち

2004年5月結成です。

2015、2016準決勝敗退。

2017年にキングオブコント優勝し、流れに乗ってM-1決勝進出4位

2018年は5位。

ラストイヤーで悲願の漫才とコントの2冠を目指す。

追記:不参加を公言していましたが、エントリー締切直前に参加表明。

ギャロップ

2018ではラストイヤーとなっていましたが、結成2004年1月説があります。

wikiは結成2004年1月です。

吉本の公式では2003年12月結成となっています。

追記:不参加でした。

 

span!

2004年2月結成。

2017年準々決勝進出。

2015、2016、2018は3回戦敗退。

最近は3回戦敗退が多いイメージです。

旧M-1では2007年のみ準決勝進出しています。

はんにゃ

THE MANZAIは出場したことありますが、M-1はありません。

追記:不参加でした。

天竺鼠

公式では2003年 04月結成で2018年ラストイヤーのはずですが、2019年ラストイヤーだという噂があります。

真相はよくわかりません。

追記:エントリーされています。

囲碁将棋

2004年 04月結成。

旧M-1では2008、2009、2010準決勝進出。

特に2010の敗者復活では会場を盛り上げ話題になりました。

THE・MANZAIでは4年連続認定漫才師。

2011・2014ファイナリスト。

新M-1では2015、2017準決勝進出。

2016、2018準々決勝敗退。

実力は申し分ないが、ネタ選びが下手な印象。

オリエンタルラジオ

2004年 04月結成。

2004年12月NSC在学中にM-1グランプリ準決勝進出。

その時やった武勇伝のネタでかなり注目を浴び、その後大ブレイク。

敗者復活をモニターで見ていた決勝組は武勇伝の真似をしていたらしいですw

2007・2008・2009は準決勝進出。

その時の漫才は正統派で結構面白かったです。

それ以降THE MANZAIもM-1も参加していない。

賞レースとしての最後は2012年のNHK新人演芸大賞の決勝のみである。

もしかしたら最後なので出るかもしれないが、恐らく出ないでしょう。

追記:不参加でした。

Dr.ハインリッヒ

実は意外と今年がラストイヤーです。

もうあと3年ぐらい見たかった印象です。

昨年2018年初めて準々決勝進出しました。

準決勝でもいいので上がってきて欲しい。

2018準々決勝でも合格にかすってはいました。

追記:結成が2005年に替わっています。NSC時代は含めないとかそんな感じのことのようです。

 

関連記事

M-1グランプリ2018ラストイヤーまとめ

M-1グランプリ2020ラストイヤーまとめ

 

コメントを残す