M-1グランプリ2020ラストイヤーまとめ

M-1 2020ラストイヤーの組をまとめてみました。

和牛は2021年がラストイヤーです。

 

トレンディエンジェル

2015年優勝。

さすがに不参加でしょう。

 

銀シャリ

2016年優勝。

こちらもさすがに不参加でしょう。

変ホ長調

2005年準決勝進出。

2006年アマチュアにして結成1年でまさかの決勝進出。

準決勝めちゃくちゃウケたようです。

 

2007年から2010年は3回戦敗退。

 

THE MANZAIはプロしか出れないので、参加できませんでした。

 

2015年にM-1復活しましたが、2015、2016、2017年は2回戦敗退。

2018年は3回戦進出したので、GYAOでネタが動画配信されました。

 

2019年準々決勝進出。

 

芸歴制限で参加できないのは残念です。

個人的にはトリオにでもなっての参加を期待しています。
(キングオブコントはトリオでの参加経験あり)

ハライチ

2009、2010、2015、2016ファイナリスト。

2018年から不参加です。

ラストイヤーなので参加するかもしれません。

 

スリムクラブ

2010準優勝、2016ファイナリスト。

2015、2017、2018、2019年準々決勝敗退。

 

2016年で一回息を吹き返した。

あの時の輝きをもう一度見たい。

学天即

2005年にアマチュアながら、準決勝進出。

しかし、その後プロになり2010年まで3回戦敗退。

 

大会が変わり、THE MANZAIになると一気に決勝進出。

一気に風向きが変わりました。

その後4年連続認定漫才師になり、2011、2013、2014年決勝進出。

特に2014年は予選1位通過し、かなり期待をされていたが決勝で振るわず。

 

2015年にM-1復活するも、2015、2016年準決勝敗退。

2017年、2018年は準々決勝敗退。

 

2019年まさかの3回戦敗退。

 

悲願のM-1決勝進出を目指す。

藤崎マーケット

2006年ララライ体操で準決勝進出し話題を呼んだ。

 

実は関西の漫才の賞レースの2冠取っている実力派

2012年MBS漫才アワード優勝
2014年ytv漫才新人賞優勝

 

M-1準決勝進出は2006年から2009年

THE MANZAI2014年認定漫才師

M-1 2015年から2018年まで準々決勝敗退。

 

2019年は不参加。

ラストイヤーは出場するのか?

三四郎

すっかりテレビスターとなってしまった三四郎ですが、売れる前はかなり漫才の評判高かったです。

 

THE MANZAI2013 認定漫才師
THE MANZAI2014 認定漫才師(予選17位でワイルドカード決定戦に進出)

両年とも片方めっちゃウケて、片方滑ったようです。

 

M-1 2015準々決勝敗退。

2016、2017、2018準決勝敗退。

2019年準々決勝敗退。

Dr.ハインリッヒ

実は意外と今年がラストイヤーです。

もうあと3年ぐらい見たかった印象です。

昨年2018年初めて準々決勝進出しました。

準決勝でもいいので上がってきて欲しい。

2018年準々決勝でも合格にかすってはいました。

 

2019年準々決勝敗退。

 

井下好井

M-1 2009準決勝進出。

2015、2017、2018、2019年準々決勝敗退。

 

インポッシブル

2018、2019年準々決勝進出。

コント同様漫才も力技です。

 

グランジ

THE MANZAI 2011 認定漫才師

M-1は2016年に2回戦で敗退してから不参加です。

タナからイケダ

2015、2016、2017年準々決勝進出。

 

アイデンティティ

2005年4月1日結成。

2015年、2016年は2回戦敗退。

2017年から2019年は準々決勝進出。

オンバトの頃は正統派の漫才ですが、最近は野沢雅子1本勝負です。

 

虹の黄昏

2019年に2010年以来の3回戦進出。

 

ニッチェ

THE MANZAI2012 認定漫才師。

M-1 2015に3回戦で敗退してから不参加です。

 

関連記事

M-1グランプリ2018ラストイヤーまとめ

M-1グランプリ2019ラストイヤーまとめ

コメントを残す