アメトーーク!は宮迫なしの方が見やすい

たくなみです。

今回はアメトーーク!についてお話します。

 

宮迫博之が闇営業の件で謹慎になってから、相方の蛍原で番組を回しています。

番組として存続の危機が考えられましたが、これが意外と見やすいです。

 

宮迫は目立ちたがり

宮迫はひな壇に座っている芸人さんをいじったりして、自分が面白い人間だ・センスある人間だと見せつけようとしている印象です。

これがとらえ方によっては若干イラッとします。

トークの流れをさえぎっているように見える時がよくあります。

 

テーマに集中できる

アメトーーク!の核心となるのはテーマです。

毎回「○○芸人」としてトークテーマに遭ったスペシャリストが呼ばれるわけです。

そもそも番組の主役は、そのテーマに合って呼ばれたゲストの芸人さんです。

 

視聴者もそのテーマが見たいからテレビを付けているわけです。

テーマや内容が面白ければいいのですが、司会者の気の利いた一言やツッコミとか必要ないのです。

 

別にテーマがきっちりあるトーク番組なんだから司会者が無理に笑い取る必要はないのです。

ひな壇の芸人さんもとっておきの面白い話がありますし、ひな壇の芸人さんに任せておけばいいのです。

ホトちゃんは聞き役に徹している

良い意味でホトちゃんは何もしていません。

聞き役に徹しています。自分が目立とうとしていません。

 

実は結構無知なので、リアクションも新鮮です。

ある意味視聴者と同じような目線で番組をやっています。

 

ホトちゃんはひな壇の芸人さんのトークは邪魔しないし、だからと言ってある程度ツッコミもこなし、ちゃんと話を振ることもできています。

 

ただなによりも、人柄が大きいでしょう。

見てて暖かい気持ちになります。

何か嫌味がないんですよね。

 

まとめ

宮迫はフリートークは一流でしょう。

ただ司会者として、ゲストを仕切ったり、活かしたりする立場としてはどうなんでしょう?

ひな壇としては超一流です。ただ司会者としては…

 

コメントを残す