M-1グランプリ2019の個人的な見どころ

たくなみです。

個人的にM-1 2019の見どころをまとめてみました。

日程が遅い

今年日程が異常に遅いです。

毎年11月3日の文化の日には3回戦のGYAO動画配信されています。

しかし、今年は3回戦の最終日が11月11日と異常に遅いです。

 

復活してから決勝は12月の上旬ですが、今年は12月下旬かもしれません。

ちなみに、旧M-1はクリスマス周辺にありました。

 

一応過去のM-1は決勝の日程を掲載します。

2001年 12月25日

2002年 12月29日

2003年 12月28日

2004年 12月26日

2005年 12月25日

2006年 12月24日

2007年 12月23日

2008年 12月21日

2009年 12月20日

2010年 12月26日

2015年 12月6日

2016年 12月4日

2017年 12月3日

2018年 12月2日

今年の決勝戦の日程に注目です。

えみくじ

決勝の順番がその場じゃないとわからないというシステムです。

2017年から始まりました。

たぶん番組としては成功だと見ていると思いますので、今年もあるでしょう。

 

ただなんか、個人的にですが、えみくじはやらせ臭がします。

去年なんか、トップバッター見取り図、9番目霜降り、10番目和牛っていかにもって…

逆にトップバッター和牛になればガチ臭凄いんですけどね。

なんなら2017年も和牛9番目と順番良すぎますからね。

 

順番予想するのも面白いかもしれません。

決勝の審査員

キングオブコントと違ってM-1は毎回審査員変わります。

ナイツの塙さんや志らくさんは続投するのか…

大吉先生の復活はあるのか…

たぶん塙さんは本を出しているし、番組やネット記事で取り上げられているのを見かけるので、続投でしょう。

 

また何よりも気になるのは上沼さんです。

例のとろさーもん久保田とスーパーマラドーナ武智の件はまだ記憶に新しいです。

恐らく絶対に松本人志がオープニングで上沼さんの件をいじります。

たぶん大盛上がりするのでここは完全な見どころです。

 

あとは上沼さんご本人ですが、続投でするのでしょうか?

本人のラジオでは審査員の引退を発表されました。

ただABCの社長が新春会見で「審査員として候補に入る」と明言しました。

恐らくABCは上沼さんにオファーはされるでしょう。

和牛

3年連続準優勝の和牛です。

ラストイヤーは再来年です。だから今回含めてあと3回チャレンジできます。

ですが、いい加減優勝したいでしょう。

 

2015年はTHE MANZAIの予選で掛けたネタで予選を勝ち抜き決勝6位でした。

 

2016年は準々決勝の時点で「ドライブデート」がかなり強ネタだと話題になりました。

ただハードル上がり過ぎて、準決勝で「お祭りデート」で準決勝次点で敗退。

しかし敗者復活し、そのまま準優勝。

 

2017年は2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝、決勝1本目、決勝2本目すべて違うネタで挑みました。

恐らく勝負ネタが定まっていなかったのでしょう。

昨年の女キャラを抜け出そうと模索しようとしたが、上手くいかなかった印象でした。

しかし優勝まであと一歩の所で準優勝。

 

2018年は準決勝まで凄く手を抜いている印象でした。

なんとか準決勝と決勝では決めてきましたが、時間オーバーがかなり気になりました。

予選は時間に厳しいですが、決勝はネタ時間にかなりルーズです。

結局若い霜降り明星の勢いに負けて準優勝でした。

 

ことし和牛は予選はどのようなスタンスで挑むのか?、ネタ時間を守るのか?

準決勝の進出者数

昨年準決勝の枠が異常に少なかったです。

2015年が28枠、2016年29枠、2017年が30枠があったのに昨年は26枠になりました

4枠も減りました。

恐らく敗者復活で企画をやるために枠が減ったのでしょう。

正直企画は時間の無駄としか感じませんでした。

 

実は準決勝進出するだけでも営業の数とか結構変わるようです。

しかも敗者復活は地上波で放送されるので、かなり影響力あります。

爪跡残せれば、ネタ番組に呼ばれる印象です。

 

できるだけ多くの組にチャンスをあげて欲しいので枠はもとに戻して欲しいです。

GYAO配信

例年3回戦と準々決勝が配信されています。

ですが、なぜか今年は1回戦から上位3組配信されています。

 

あと噂ですが、今年は準々決勝は敗退組しか配信されないようです。

ネタバレせずに挑めますね。

ただ本当かどうかはわかりません。

 

ちなみに準決勝は2016だけAmazonプライムビデオで配信されました。

2017年は吉本だけaudibleで音声だけ聞けました。

2018年は一切配信なしでした、

今年はどうでしょう。

 

 

コメントを残す