久保田・武智の上沼さん暴言騒動による芸能人の発言をまとめてみた

この件について様々な芸能人がコメントしています。

そこでまとめてみました。ソースは全てYahoo!ニュースです。

まずは、騒動について軽く振り返ってみましょう。

久保田・武智の暴言騒動とは?

概要

深夜のインスタライブにて、お酒の席でとろサーモンの久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんが

審査員の上沼恵美子さんについて暴言をしていた動画の録画がTwitterに拡散されました。

ちなみに、上沼さんはご自身のラジオで審査員引退発言をしましたが、

今回の騒動とは全く関係ありません。

実際にどんなことを言ったの?

・久保田さん

「酔ってることを理由に言うけど、審査員には劇場出てってほしい、自分の感情だけで審査しないでほしい。」

「申し訳ないけど、審査するってことは演者と同じ熱量で点数同じだって思いたい。

自分が思う点数と審査員がつけた点数が一緒だって思いたい。

格差が生まれたら違う、私が好きとか言い出したら」

・武智さん

右のオバハンやん」

・久保田さん

右のオバハンにはウンザリっすよ

・武智さん

「嫌いですって言われたら、更年期障害かって思いますよね」

「売れるために審査員するんならやめてほしい」

他に同席していて芸人さん

・和牛水田さん

ニコニコと上手に上手く流していました。

はっきりと言って今回の騒動の被害者でもあります。

・トムブラウンのお二人

終始無言でした。

・ギャロップ林さん

「まぁでも暗いのよって言われたら、明るかったらオモロイんかって話…」

と乗っかかる場面はあるものの今回の騒動には含まれていません。

・かまいたち濱家さん

寝ていました。存在すらありませんでした。

世間では「濱家の回避能力すげー」とか称賛がありました。

今田耕司都内で行われた『Yahoo!検索大賞2018』発表会(5日)

この日のイベント後に取材に応じた今田は、騒動に「大変ですよ…」と話し始めるも関係者がストップ。

それでも今田は「アカンのですか? 今から上沼さんの分も久保田の悪口を…」とボケると

「ホントにあの男だけはね。あらためて、お酒は怖いな、と。お酒は気をつけなあきません。僕が怒っときますから」とマシンガントーク。

吉本の止めようとする姿勢は見えるものの今田さんはさすがですね。

極楽とんぼ山本圭壱「バラいろダンディ」(4日)

山本は「お酒がうんぬんよりも、ライブで人の悪口を垂れ流す行為そのものが一番悪いこと。

大先輩ですし、もし上沼さんに対して言ったなら、ちゃんと後処理をしないとダメ」と汗をダラダラ垂れ流しながら指摘した。

「なぜ、そうなったかは把握できてないけど、考えなくちゃいけない。そもそも悪口を言うことが悪いんですけど、言うんだったら吐いたつばは飲んじゃいけない」と話した。

吉本は山本さんを止めには入ってないのですね。

爆笑問題「爆笑問題カーボーイ」(4日)

番組リスナーから今回の騒動についてメール。

投稿の最後に「もし、学年主任の先生に見つかってしまったら、『家に帰るまでがM-1です』と怒られると思う」

と書かれていたことから、田中裕二(53)が「まあね、本当に家に帰るまで気をつけないと」とチクリ。

続けて太田も「まあ、ちょっと真剣になりすぎてるきらいがあるからな、M-1は。

ちょっと、笑う雰囲気じゃなくなってきちゃってるのはあるからね」と私見を述べた。
さらに、田中が「確かにしょうがないですよ。本人たちは必死で人生かかってるのも事実だから」

とフォローすると、太田も「でもね、あれがやっぱいいんですよ、視聴者には。だって、(視聴率)17%ですよ。

すごいですよ」と、真剣だからこそM-1が支持されていると説いた。

太田さんははっきり意見言うのがいいですね。

吉本ではないので止められていません。

博多大吉「たまむすび」(5日)

「今年、僕は審査員やってないので、本当はしゃべるつもりはなかったんですけど」としつつ、

「またバカ後輩たちがやらかしたので。ネットを見たら、そんなニュースしかない」とあきれるばかり。

「リスナーの皆さんに宣言しますよ。僕史上、最大級の雷を落としますよ、あの2人には」と宣言した。

こういう怒りの意見を世間は求めています。

さすが芸能界のご意見番です。

ケンドーコバヤシ「アッパレやってまーす!」

M-1の盛り上がりを回顧し、出演したAKB48・峯岸みなみから大会は成功かと聞かれると

「いいや、後ですげえ泥塗ったやつおんねん」と返し、

「吉本興業の偉い人が走り回ってるかも。おれは知らんけど」と語った。

「M-1の仕事したいけど、武智と久保田のせいで、しにくくなった。今、火薬庫みたいな話題になってる」と

大問題に発展していると指摘し、「誰か(先輩)が怒るやろうな」とも。

自身が解決に乗り出すならどうするかと聞かれると

「俺なら、2人が目の前におったら、アッパーでアゴ割ってやるけどね。

割って、ちょっと(一緒に謝罪)いこうかと。口から血流してたら、もうええと言うてくれるやろ」

とケンコバ節。「このアッパーは世間も許してくれるかも」と語っていた。

うまいですねw

山里亮太「山里亮太の不毛な議論」(6日)

M―1そのものについては「いいところしかなかった」とした山里だったが、

「あ、変な配信があった。夜中に…。それはね、俺が審査員だったら0点付けるな」と暴言騒動についてチクリ。

「久保田、武智、SNS講習で習ったろ!飲んだらやるな、飲むならやるなって!何やってんだよ!」と愚行を働いた2人を叱責した。

「俺、それで凄いミスしたことあるんだから」と過去の失態を回顧し、

「本当に、飲んだらやるな、やるなら飲むな、こういうことでございまして。本当に気付きましたね。SNSっていうのは本当に酒飲んでやっちゃいけない」と続けた

さすが山ちゃん。ご自身の経験や吉本内部についても触れています。

笑い飯哲夫「笑い飯哲夫の喜怒怒怒怒怒怒怒怒哀楽ニュースシャワー」(6日)

哲夫は「今回もいろいろ話題になり、武智が変なことやったと(ニュースに)あって。インスタ配信は駄目ですわ。配信はアカン」と指摘した。

哲夫自身も過去にM―1終了後の打ち上げの場で審査や結果について「文句は言ってました」と告白。

全身全霊をかけて臨んだ決勝戦で最高のネタをやって栄冠を掴むことができなかった悔しさは十分分かるとしながらも「配信というものが駄目なんです」と宴席の話題を配信するのが問題だと主張した。

続けて「そして、声を大にして言いたい。その動画は見てないが、久保田や武智の発言をまとめた文章を読みました。

ギャロップの林もゴニョゴニョ言ってるんすよ。この林にも注目してください。こいつも言ってるんですよ」

と同席したギャロップ林健(40)の名を挙げて「ギャロップの林も叩いてください(笑い)。でも、ホンマには(本気では)叩かんといてよ」と話し、スタジオ共演者の笑いを誘った。

敢えて世間が注目していないギャロップの林さんについて触れています。

ちなみに、林さんと哲夫さんは非常に仲がいいです。

漫才でハゲについて触れないネタばっかりやっていたのに、ハゲで題材を作るよう提案したのは哲夫さん

だと言われています。

林さんに哲夫さんは恩人のような方です。

岡村隆史「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(7日)

岡村は「悪いのは完全に2人」と前置きした上で「決勝に出るような人は本当に漫才が好き過ぎてM-1にかけ過ぎてるんで、話分かるんですけど、抑えるとこは抑えんといかんと思うんですよ」と、

熱くなってしまった2人の心情にも一部理解を見せたが、

「どういう経緯で上沼さんが審査員引き受けたのか、いろんな人が頭を下げてお願いした訳じゃないですか」と、その背後にある関係者の努力もあると指摘した。

久保田は攻撃的なキャラとしても認知度があるが「キャラで久保田みたいなのもいいけど、こればっかりは申し訳ないけど何回動画見てもあかん。何回見ても悲しくなる。これはあかんと思ってしまう」とコメント。

今後は「あとは松本さんがどういう見解を示すか。何を言わはるかによって、世の中の流れと…」と、事態収拾のキーマンに審査員を務めたダウンタウンの松本人志を上げた。

上沼はラジオ番組で審査員を「引退します」と語っているが、岡村は「俺はやってほしいと思う。絶対に」と続投を懇願。

石田も「タレントとしてもM-1を支えてる方やと思うし、ちゃんと物語作って下さっている。女性の代名詞というところでも、この後、追随するのは多分やすとも(海原やすよ・ともこ)さんになってくると思うけど、まだ上沼さんというドデカい看板があるんで」と上沼の必要性を強調した。

無難な対応です。松本人志へと他人任せなのが少しマイナスな印象です。

島田洋七「バラいろダンディ」(7日)

コメンテーターの金村義明氏(55)が「関西では、(やしき)たかじんさんと上沼さんは両巨頭。僕はたかじんさんの番組に準レギュラーにしてもらっていた関係で、上沼さんの番組には1度も出たことないです」とスタジオを笑わせると、

同じくコメンテーターのデーブ・スペクター氏も「和田アキ子さんが怖いと言われていますけど、上沼さんは1億倍くらい怖い」と続いた。

2004年から5年間、「M-1グランプリ」の審査員をしていた島田は、「審査員に文句言ったら、審査できない」と久保田と武智に注意。その上で「飲んだ席だけで文句言えって。(webに)載せたらいかん」と苦言を呈した。

デーブ氏から「最近の(M-1)審査員は芸人じゃない人が多い。それはどう思いますか?」と質問を受けた島田は、客席の笑い声の大小で上下する電子メーターを導入するべきと提案。

「好きだから点数がいいとか言われても困る。それより現場で一番受けた人が1番になるのがいい」と見解を示した。

審査員経験者としてのさすがの意見です。

電子メーター発言はご自身が初代王者を務めた「お笑いスター誕生」であんまり意味がなかった

ことはわかっているはずです。たぶんわかってて言っています。

あと、デーブさんの「審査員は芸人じゃない人が多い。」は間違いです。

それはTHE MANZAiです。

さんま「ヤングタウン土曜日」(8日)

さんまは番組冒頭に「ラジオを聴いてらっしゃる方は、さんまがM―1のことをしゃべるんじゃないか」と切り出してし、

「しゃべらないようにと会社に止められてますんで。いらんことを言いそうだと。(発言すると)事が大きくなるので」と語った。

いや、さんまは超大物だから喋っていいでしょw

さんまさんが喋らないことにより他の芸人さんも喋れなくする吉本の作戦ですかね。

次長課長・河本「よしもとSDGs花月 in エコプロ2018」(8日)

河本はこの日、都内で行われたイベント「よしもとSDGs花月 in エコプロ2018」に出席。

終了間際、久保田と武智の暴言騒動について聞かれると、「久保田の武智の件はもう全然いいんですけど」と前置きし、

久保田の相方・村田秀亮(39)と武智の相方・田中一彦(41)を気にかける様子で「村田と田中がコンビ組んで『スーパーマラサーモン』でやっていけば」とアドバイスを送った。

くそつまんないですね。

和田アキ子「アッコのいいかげんに1000回」(8日)

同騒動について「知らなかったんですけど。M-1で上沼恵美子ちゃんにボロクソ言ったっていうんですけど」と切り出し、

まずは動画を配信した行為について「止める人はいなかったのか」とあきれた和田。先輩への悪口は「身内だけなら、うさを晴らすのはいい」としながらも「公に出しちゃうのはどうなんだろう」と苦言を呈した。

また、武智が発した暴言も指摘し「更年期障害って失礼だよ。男だって来るっていうんだから」と憤慨する一幕も。

「今は怖い先輩がいなくなって、注意すると『怒られた』って言われる時代」と、パワハラも横行していることから叱責することの「難しさ」にも触れつつ「“あれをやっちゃだめ、ここまでならいい”っていう線引きができてない」と2人の愚行を嘆いた。

さすが芸能界のご意見番です。

小籔千豊・ハイヒールリンゴ「あさパラ!」(8日)

騒動について振られると小籔は「世の中でいろいろ言われてますけど、僕はM―1大好きなんですよ」と神妙な表情。

「上沼さんはおしゃべりの天才。僕もすごく尊敬しています。世間はどう思うか分からないですが、武智も久保田もどっちもめっちゃ好き。三方ともめっちゃ好きなんです。だから、今回はノーコメントにさせていただきます」と複雑な胸中を明かした。

 

司会のお笑いコンビ「ハイヒール」リンゴ(57)は「審査員の方も演者も真剣にやっている。(結果が)あかんかった時に文句は出ると思う。私もコンクールに出た時にガッツ石松さんに間が悪いって言われて落とされたのまだ根に持っている。そんなもんやけど、それをSNSで発信したのは失敗や」と後輩を叱責。

続けて「女芸人としては許せない言葉はありました」と前置きしつつも、「芸人の先輩としては1回許してあげて欲しい」と訴えた。

小藪はつまんないですけど、リンゴさんはさすがですね。

ビートたけし「新・情報7days ニュースキャスター」(8日)

たけしは「俺は絶対やらないけどね、審査員って。俺よりみんなうまいし。現役の方が全然うまいの分かってるから。時代が違うしね。自分たちの漫才ブームと今の時代とは全然違うしネタも違うし。

お笑いやなんか、体操もみんなそうだけど、審査員が判断しちゃいけないこともあるんだよね。好みだから」と、漫才を審査する難しさを指摘した。

その上で「そのきっかけとしてM-1みたいなの作ってあげないと、若手がバーンと売れないから。そういうチャンスでもあるんだけど。それにかける若い人たちもいるし」と、

M-1の存在意義も認め、「千里万里さん(海原千里・万里。妹の千里が上沼恵美子)なんかものすごいうまかったからね、あの当時はね。そりゃ自分の意見言いたいんだろうけど」と、上沼にも理解を示した。

たけしは「俺も昔漫才コンクールに出てひどい目に会ったことあるけど、やっぱりその当時の審査員恨むよね。あの野郎って。落とされたら。自分が一番ウケてると思うから。だから、すごい難しいよね」と、審査される側の心情を解説。

「だから俺、審査員やってくれって言われて行かないし、フジテレビの『THE MANZAI』も審査員とか、チャンピオン決めるの止めさせちゃったもん。だって、審査員してるのが、俺が見ても面白くないヤツだったもん。お前が人のこと言えるかってヤツだよ?」と、漫才コンクールを成立させることの困難さを重ねて訴えていた。

まあ、ご自身の意見はしっかり述べています。

ちなみに、ひどい目にあったというのは恐らく星・セントルイスのことでしょう。

松本人志「ワイドナショー」(9日)

こちらの記事をご覧ください。

https://owaraiouen.com/2018/12/09/matu/

 

上沼恵美子「上沼・高田のクギズケ!」(9日)

「私はえこひいきはしませんし、本当に真剣に審査をさせていただいている。間違いなく、私の審査の意見です」と公平性を強調した。

2人に対して「なんとも思っておりません。暴言とか言われていますけど、まったく結構です。悪いですけど興味ないです」とコメントした。

本人がそう言ってるなら解決です。

ただ本当はどう思っているのかわからないです。

録画みましたが、きっちり笑いに変えているの素晴らしかったです。

土田晃之「土田晃之 日曜のへそ」(9日)

土田個人としては「大先輩に対して意見を言うことは別にいい」と思っているという。ただ、それは「番組とかで正面切って『僕はこう思います』みたいになるんだったら」という状況があってこそ。酒の勢いで、しかも一方的に暴言をネットに上げるのは「大学生レベル」だと土田は表現した。

さらに土田は「しかも一人じゃなく、数人でみたいな感じなんでしょ」と、複数人で暴言を吐いたことにも言及。「一人で意見行ってるなら百歩譲っていいけど、数人でテンション上がって…みたいになってると、これは“中学生レベル”ですよね。とにかくダセえなって思って」と、暴言を吐いた2人を非難した。

結果的に2人の暴言がこれだけの騒ぎを引き起こしたのは事実。土田は吉本興業が頭を下げて上沼をM―1の審査員に招へいしていることも踏まえつつ、「事務所やめるぐらいの覚悟で言うんだったら全然いいんだけどね。(動画を)上げてすぐ消去するとかって、ダセえなって思ってて。だったら最初からやんなきゃいいのに」とコメント。2人の軽はずみな行動に苦言を呈した。

土田は審査員のあり方について「審査員の人たちに対する意見とかごちゃごちゃ言ってる人いっぱいいるけどさ。そのメンバーの票を今年誰が取るかでしょ」と前置きしつつ、「審査員が変わりゃ、過去の優勝メンバーだってだいぶ変わりますよ」と発言。頂点を獲るには、決められた審査員の票をいかに獲得するかが重要であることを説いていた。

いあや、良いこと言うなっていうのが印象です。

確かに、動画消したのダサいっすわ。

和牛水田(11日)

報道陣から、今回の騒動や現場に同席していたことについて問われた水田は、「僕はまったく審査に何も思ってない」とキッパリ。「上沼さんの『好き』は『面白い』の言い方。『嫌い』は『面白くない』と言ってるだけ、好き嫌いで判断しているんじゃなくて、あの人が面白いと思ったかどうか」と分析した。

その上で「(最終決戦で)票を入れてもらってるからじゃなくて、上沼さんの審査については何の文句もない」と言い切ると、「以上!」と自ら質問を打ち切り、久保田や武智と同席していたことについては何も語らなかった

絶対に聞かれると思ってコメント用意してたのでしょう。

彼はある意味被害者ですから。まあ巻き込まれたと言っても過言ではありません。

あそこの場面でこれ言えば最強だったんですけど、先輩だから言えなかったのでしょう。

まとめ

吉本はなるべく意見を言及させないようとする姿勢がわかりますね。

芸人さんも松本人志任せですね。

視聴者は芸人目線でぶちぎれるのを期待しているのですが。

そういう意味では大吉先生や土田さんや松本人志は期待に応えてくれました。

特に更年期障害は絶対に発言してはならないですし。

恐らく松本人志さんがしっかり意見を述べたし、上沼さんも許したのでこの事件は沈静化するでしょう。

 

ただとろサーモンとスーパーマラドーナでは絶対に笑えないです。

出来れば1年ぐらい謹慎して、もうテレビ出ないで欲しいです。

ただただ不快です。本人達がこの騒動を笑いに変える能力があればいいですが、ないですね…

 

まあ、一つ言えることは2017で和牛が優勝すればこの騒動は絶対に無かったことですね。

2 COMMENTS

匿名

彼女は大好きです。年齢も同じですが(勿論高嶺の華)今回の件ではがっかりしました。そういうお仕事柄とは思いますがEちゃんも常に悪口ばっかり云って楽しませて下さってたし今回の事もジョークでさらっと返されると思っておりました更年期障害(一般的には45歳位から50歳前後)と云われたらそんなのとっくに過ぎてるしいつ迄若いと思ってんの)とか(もうお婆ちゃんだよ勘違いして)なんて「美しくしい彼女」だからこそ自信を持ってさらっと言い放って欲しいと思いました。個人的感想

返信する
匿名

たまたまウチは直に更年期障害に差し掛かる娘がおりますのでこの件に対しまして尋ねたら「赦してあげたら良いのに」と申しておりました。元々彼女は若年性更年期障害で苦しんでいたので更年期障害と云う言葉そのものに対する偏見も有りません。更年期障害と言われても気にしない女性で御座います(ちなみに年齢は40歳)

返信する

コメントを残す