M-1グランプリ2018注目のコンビ

今年のM-1で目玉のコンビをご紹介します。

和牛

2年連続準優勝。

今回こそは優勝したい。

昨年は3回戦、準々決勝、準決勝、決勝の二回と全てネタを変えてきた。

昨年は勝負ネタが作れなかったがなんとかギリギリ仕上げた印象。

今年も単独ライブは即完売。人気も高い。

あと3回 M-1には出場できるが、いい加減卒業したい。

今年は川西の女役を封印するのか見どころである。

スーパーマラドーナ

昨年は準決勝で大爆笑を取るも準決勝落ちし、圧倒的な実力で敗者復活をぶっちぎりで上がり決勝4位。

2016年は3位。2015年は5位。

今年はラストイヤー。悲願の優勝なるか。

 

かまいたち

昨年のキングオブコント王者。

昨年は正統派のしゃべくり漫才で彼岸の決勝進出を果たすが4位に終わる。

キングオブコントと M-1初めての W王座を目指す。

 

ジャルジャル

今年はラストイヤー

昨年は松本人志から最高点を頂くが6位。

去年の福徳の涙が印象に新しい。

ゆにばーす

昨年は悲願の決勝進出。

トップバッターでなければもっと点数が高かったのではないかと評価が高い。

今年も決勝進出なるか。

 

さらば青春の光

昨年は準決勝敗退。

2016年は準決勝で三日前に作った新ネタを下ろし見事決勝進出、決勝4位。

2015年は準決勝敗退。予選9位。

彼らの本業はコントである。漫才は年に数本しか作らない。

コント師ならではの視点で会場を沸かす。

M-1ではいい意味で肩の力が抜けている。

今回もいいネタがあるらしい。

彼らは急に新ネタを卸してくるので見逃せない。

四千頭身

トリオ漫才師。

結成3年目。ナベプロ所属。

若手の今期待のトリオ。

昨年の GYAO の3回戦の動画で大いに注目を集めた。

今年は初の準決勝に進出し、悲願の決勝進出なるか。

 

滝音

結成2年目。

今年のキングオブコントで大阪勢で3組しか通らなかったうちの1組。

彼らの本業は漫才師。

しかし M-1では結成してから3回戦敗退。

今年の彼らは脂が乗っているので注目である。

カミナリ

2015年は2回戦敗退。2016年は決勝7位。そして2017年は9位。

彼らの魅力は茨城弁訛りのどつき漫才。

しかし昨年上沼さんに「叩かなくても良いのでは」と評価。

また、オードリーの番組で今年の M-1に出るかどうか悩んでいると告白。

若林のアドバイスではまなぶくんの伸びしろがもうないので出なくてもいいのではと言われていた。

もう彼らは十分売れている。

彼らは今年出場するのか、もしくはどつき漫才を封印するのか。

注目である。

 

コメントを残す